小額でも投資OK【みんなで大家さんになってリスクも激減】

不動産

投資先としてマンション

投資と言うのは

マンション

投資先として、マンションを選択する人は多いです。マンションと言うのは投資の対象になります。投資マンションとして、売られているところすらあります。そうしたものでもよいですが、基本的には二つのパターンがあり、そのどちらかを狙うことになります。一つは、売る為の投資マンションです。投資マンションなのだから当たり前ではないか、と思うかもしれませんが、それはあくまで一つの方法なだけです。もう一つあります。それが貸すことです。投資マンションの中でも賃貸に向いているものも多くあります。貸すことによって、利益を出すタイプのマンションになります。投資には、パターンとしてもこの二つがあり、基本であるといえるわけです。

投資の中でも

マンション投資はどうしてもかなりの額になってしまいます。転売目的であれば、一気に回収できます。物凄く景気がよい時や或いは地価が暴騰するようなことが起きれば、それこそ、上手くすれば数ヶ月で利益になることすらあります。もちろん、元金もしっかりと回収して、その上での利益です。その後、固定費がかかるようなことを抱えることもないです。ですから、非常に良いことではありますが、リスクがあります。かなり購入金額より高くならないと手数料なり維持費なりで赤字になるからです。これが転売の場合は厳しいです。賃貸運営をする時には、長い期間の投資になりますから、そうした意味でリスクが重なることがあります。どちらも一長一短です。